みずほ銀行カードローンの審査は厳しい?どうしてもお金借りたい キャッシング可能?在籍確認情報

 

みずほ銀行カードローンはその名前からも分かるようにみずほ銀行が運営している銀行系のカードローンです。

 

このカードローンの審査について知る前に、利用するための要件を把握しておく必要があります。みずほ銀行カードローンでは20歳以上66歳未満で安定した収入を持つ方という要件を設けています。

 

特に職業や収入の規定はありません。銀行系のカードローンでありながら、みずほ銀行の口座を持っていることは要件に含まれていません。これは口座が完全に不要であるということではなく、カードローンを申し込む際に口座開設の手続きを行う必要があるということです。

 

この要件の中でやや抽象的な表現になっているのが安定収入という部分です。安定収入の定義は少し微妙なところですが、基本的には月に1回、或いは2ヶ月に1回程度の収入があることという認識でOKです。

 

安定という言葉が使用されていますが、毎月給料が変動しても特に問題はありません。ただ、収入があったり無かったりしている場合は不安定と見なされる可能性もあります。その場合でも不安定ながらも大きな収入があるといった状況なら借りられる可能性があります。

 

年金も安定収入として見なされているので、年金受給者も利用することができます。他にも非正規雇用などの方であっても申し込むことができます。外国人の方も利用することができますが、その際には永住権が必要となります。

 

カードローンの審査にあたっては個人の金融に関する信用情報が大きな審査ポイントになります。個人がこれまでに金融機関を利用した情報などは信用情報機関に保存されており、銀行などの金融機関はその情報を確認します。

 

実際に確認される情報としては現在のローン、クレジットカード、過去のローン、債務整理の有無などです。債務整理や強制解約などは金融事故と呼ばれ、審査においては不利となってしまいます。

 

使用しているクレジットカードの数やローンの数なども重要になります。これらは多ければ多いほど不利というわけではなく、収入とのバランスが審査では重要になります。

 

ローンは途中の場合、残高が重要となります。一方でクレジットカードは持っているだけで限度額までは自由に使えるため、使用していなくてもローンとしてカウントすることがあります。

 

使用していなくてもクレジットカードは審査に影響するということです。クレジットカードやローンの情報は他社間でも共有されているので会社を変えても、この点は大きく変わることがありません。とはいえ、このカードローンはみずほ銀行が運営しているので、みずほ銀行に関連して金融事故を発生させてしまっていると大幅に不利になることは確かです。

 

ローンでは職業も重要なポイントとなります。安定的な収入が得られやすいとされる職業の方は有利となります。

 

また、勤務先には審査の一環として連絡が来る仕組みになっています。この際には在籍を確認されることになります。正しい勤務先の連絡先を入力しておけば特に問題がありませんが、何らかの不備があると不利になります。

 

職業と年収に関してここに達していれば審査に通るといった基準はありません。職業に関しては安定性がローン審査では重要となります。これから先長きにわたって収入を得られるかどうかがポイントになっています。

 

そのため、国家公務員の方や業績が安定した大企業に勤めている方は審査において有利といえます。しかし、それほど大きな企業に勤めていなくても過去の借り入れに問題がなければ、審査に通る可能性が高いといえます。安定的ではない収入となっている場合も年収の額でカバーで出来ることがあります。カード会社では審査による判定で高いリスクを負わないようにしていますが、もう一つ限度額でリスクを軽減しています。

 

リスクが低い方に対しては高い限度額を用意し、リスクが高いと見なした方に対しては限度額を低く設定しています。

 

これにより、もし返済がなされなかったとしても会社としてダメージを受けにくい形態を作っています。裏を返せばリスクが高いと判断された場合でも融資を受けられる可能性があると言うことです。

 

限度額を高く設定してもらうことは利用者にとって大きな利点になります。単純に使える金額が多くて便利ということもありますが、カードローンには限度額が高いほど金利が低くなるという特徴があります。

 

そのため、可能な限り限度額を高く設定してもらった方が金利的にはお得になります。

 

限度額は審査の時に決定されますが、毎年見直される仕組みになっています

 

。それゆえに利用を始めた時期には金利が高くても、徐々に下がっていくことも考えられます。

 

その点で言えばどんな限度額であってもひとまず審査に通ることが重要という見方もできます。

 

カードローンを新たに利用し始めることはその後別のローンを契約する際にも影響することなので、必要性を見極めて申し込むことが重要です。

 

みずほ銀行カードローン審査基準 銀行カードローンおすすめは 主婦でも借りれる?

 

みずほ銀行カードローンは、銀行カードローンの中でもおすすめのカードローンの一つと言えるでしょう。みずほ銀行カードローンに申し込みができる条件としては、20歳以上66歳未満であることと安定した収入があることの二つが挙げられます。年齢制限については消費者金融と比べるとややハードルが高く、66歳未満という条件が設定されています。

 

これは収入面から考えた時に設定されたものですが、毎月お給料をもらっている人でなければ融資を受けられないということではありません。年金の受給者であったとしても収入が安定しているといえるため、審査基準をクリアすることになります。また収入面での基準となりますが、給与所得者や自営業の人については、書類を提出することで収入を証明することができます。

 

パートやアルバイトをしている人でも、ある程度の安定した収入があれば基準はクリアできるでしょう。カードローンを利用したいと考える主婦もいるかもしれませんが、パートやアルバイトをしている人でも安定した収入だと判断されるため、パートをしている主婦でも十分に借りられる可能性はあります。中には専業主婦の人もいるかもしれませんが、みずほ銀行カードローンであれば専業主婦であっても申し込みをすることができます。

 

消費者金融の場合には、法律により年収の3分の1以上の借り入れが規制されているため、専業主婦は消費者金融のカードローンに申し込みを行うことはできません。しかし銀行系カードローンであれば総量規制の対象外となっているため、みずほ銀行であれば専業主婦であっても申し込みは可能です。実際にみずほ銀行カードローンのホームページにも、専業主婦でも申し込みが可能である旨が記載されています。

 

しかし審査基準が緩いわけではなく、申し込むためには多くの条件がありそれをクリアしなければなりません。その一つ目が限度額です。みずほ銀行カードローンは最高で800万円の借り入れができることになっていますが、銀行系カードローンであるため総量規制の対象外となり、消費者金融よりも多く借り入れできる可能性もあります。しかし専業主婦が借りられる限度額については30万円と設定されています。

 

借入限度額は大幅に下がることになりますが、これは収入がない専業主婦であれば仕方がないことと言えるでしょう。そして専業主婦がキャッシングを行うためには配偶者の安定した収入があることが前提となります。専業主婦の収入源は配偶者に頼ることになるため、審査の際には配偶者の収入が基準となります。もしも配偶者が失業中であったり、収入が安定していない職業である場合には審査に落ちてしまう可能性もあります。

 

年齢と安定した収入については申し込み条件であり、そのほかにも様々な項目においてクリアしなければ審査に通過することはできません。大切なことの一つに過去に返済事故を起こしていないということが挙げられます。

 

過去の返済事故として扱われるものは60日以上の返済遅延、自己破産などの債務整理、強制解約、代位弁済などがあげられます。

 

これらについては5年から10年が経過していれば基本的には問題になることはありませんが、過去にみずほ銀行の借り入れで返済事故を起こしたことがある場合には、ブラックリストの情報があり、いつまでもデータベースに残ることになるので、審査を通過することは難しくなるでしょう。

 

また勤務先を偽った場合にも審査には落ちてしまうと考えておきましょう。勤務先を正しく伝えるということは、安定した収入が得られているかどうかを判断する一つの基準となるでしょう。このため銀行は在籍確認を行って利用者の勤務先を確認することになります。

 

収入証明に源泉徴収票を提出し退職していないのであれば問題はありませんが、申し込みの段階で退職をしていたり転職をしていた場合には一気にその信用度は下がり、審査に落ちる可能性が高まります。

 

最後に他社からの借り入れが多い場合にも審査を通過することは難しくなります。瑞穂みずほ銀行としては返済が滞らないようにするためにも、無理な返済にならないかどうかを判断します。そのためほかの消費者金融や銀行から借り入れがある場合には注意が必要です。

 

借入額が年収の10パーセントから20パーセント以内であることが一つの目安になり、これを超えているようであれば審査に通過することは難しいでしょう。事前に自分にはどれだけの負債額があるのかを確認し、基準となる目安を超えないように希望限度額を考えるようにしましょう。

 

みずほ銀行はこの他社からの借入額を非常に重視しています。消費者金融と比べると低金利であり、その代わりに貸し出す金額については抑えています。

 

借り入れ上限額は高いですが、年収の20パーセント程度を上限と決めているため、実際に借りられる金額としては年収500万円の人でも他社との合算で100万円程度となるでしょう。

 

これ以上の希望限度額を設定しようとした場合には、審査に通らない可能性が高いので十分に注意しましょう。