SMBCモビットカードローン審査基準 WEB完結とSMBCモビットカードローンどちらがいい?どうしても即日借りたい

 

 

・SMBCモビット金利 3.0%−18.0% 
・SMBCモビット事前審査10秒診断
※平日14:50までに審査完了で即日融資可能
※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともあります。
・利用額 1万円−800万円
・SMBCモビット審査はスマホ申込み可能 PC・スマートフォンからWEB完結プログラムが人気
・正社員、パート・アルバイトの方も安定収入があれば平日14:50まで審査申込み完了で即日融資
・20歳から69歳以下の安定収入のある方。

 

SMBCモビット

 

 

SMBCモビットは金融業界では大手の一角を占めている三井住友銀行のグループに属する消費者金融ですが、カードローンやキャッシングの分野では、テレビコマーシャルなどでもよく知られているところです。

 

SMBCモビットカードは、実質年利が3.0パーセントから18.0パーセントという手ごろな金利での借り入れができ、年会費や入会金がすべて無料というカードです。

 

利用限度額についても、利用の状況によって違いはあるものの、最大の場合、800万円までが認められています。これは一般に消費者金融よりも多額の融資が可能とされている銀行のカードローンと比較しても、引けを取らない金額で、場合によっては一般的な地方銀行などよりも大きな金額ということができます。

 

SMBCモビットに初めて申し込みをする場合ですが、審査の状況によって異なるものの、最短で即日融資が可能としているところが注目されます。生活のなかでは、結婚式や出張、買い物などのために、急にお金が必要になることはいくらでもあります。

 

こうした場合、銀行のカードローンなどを申し込んだとしても、審査とその後のカード発行などに膨大な時間がかかってしまい、せっかく審査を通過しても、お金を必要な時を逸してしまうことが多いものです。その点では、申し込みをしたその日にお金をなんらかの方法で受け取ることができる、即日融資のしくみが導入されていることは、申し込みをした人にとっては大きな支えになります。

 

SMBCモビットの申し込みの方法もいろいろとあり、本人が適当なものを選ぶことができますが、条件によっては選べないものもありますので、その点は注意をしておいたほうがよいでしょう。

 

方法としては、パソコンやスマートフォンなどからのインターネットによるもの、三井住友銀行の店舗内やその他道路沿い、駅の近くなど全国的に設置されているローン申込機によるもの、電話や郵送などの別の方法によるものなどがあります。

 

インターネットによる方法には、WEB完結型とよばれるしくみむも存在しており、これは文字通り、インターネットでのやりとりのなかだけで、すべての手続きが終了するものを指しています。

 

当然ですが、WEB完結型が利用できれば、この方法がもっともスピーディーなため、すぐにでもお金を借りたいという人にとってふさわしいといえます。

 

ただし、実際にWEB完結型が利用できる人にはいくつかの条件が設けられています。その条件ですが、まずは系列の三井住友銀行か、提携している三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの銀行に、本人名義の口座をもっていること、そして、全国健康保険協会が発行した社会保険証か、または職場の組合が発行した組合保険証をもっていることが挙げられます。

 

このような条件を満たしている場合には、申し込みから審査、契約、融資までのすべての手続きをインターネットのなかで完結させることができますが、それ以外の場合は、通常のSMBCモビットカードの申し込みとなります。

 

WEB完結型の場合は、申し込みをしたあとの審査結果の通知はメールのみで、職場への在籍確認の電話もありませんし、入会申込書などの郵便物があとで自宅に届くこともありません。

 

ただし、この場合はカードレスとなりますので、お金は直接口座に振り込んでもらうか、またはすでに持っている銀行のキャッシュカードによって引き出しをすることになります。

 

カードの申し込みをする場合は、年齢が満20歳以上、69歳以下で、安定した定期収入があれば、アルバイト、派遣社員、パート社員、個人事業主であっても申し込みが可能です。

 

申し込みに際しては、運転免許証か、それがなければパスポートや健康保険証などの身分確認ができる公的な証明書の提示を求められます。

 

審査については、基本的には職場への在籍確認があるほか、申し込みの際に申告した職業、年収、勤続年数、年齢などの要素が点数化されて、その得点がよければ審査をパスでき、そうでない場合は正式な契約を断られてしまうことになります。

 

実は審査基準については明らかにはされていないため、詳細は不明となりますが、

 

基本的にはパートやアルバイトなどの職種でも申し込みが認められていることを考えれば、年収に見合った適正な金額の借り入れを申し込んでいるかどうかのほうに注意を払っておいたほうがよいといえます。

 

もちろん、公務員などの安定した職種のほうが、高い確率で審査をパスすることができますが、

 

そうでない場合には、必要以上の金額を希望額として申し込むのではなく、年収から考えて将来的にも返済が可能な限度で申し込むことを第一にすべきといえます。

 

もしも審査にパスして正式契約をした場合、カードは自宅に郵送されますが、このときに近くにある無人店舗のローン申込機での受け取りを指定することも可能です。

 

すぐに借り入れをしたいのであれば、郵送ではなく、多少手間はかかっても、連絡された予約番号を控えて、ローン契約機がある無人店舗に出向いてカードを受け取り、そこでATMからお金を引き出すのがよいといえます。

 

SMBCモビットカードローンの審査基準 お金借りる際に申し込みで注意したいこと

 

急にお金が必要になった時、周りに借りられる人がいなければキャッシングを行わなければならないこともあります。しかし、キャッシングは怖いというイメージを持つ人もまだ多く、なるべく安心して借りられるところを探すとなると大手を利用したいと考えることが多いようです。

 

信頼できる借入先としてよく候補に挙がるのがSMBCモビットカードローンであり、テレビCMでもよく見かけます。知名度があって利用した人たちの口コミでも悪い噂を聞きませんので、初めて利用するのならこういった安心できるカードローンを選びたいところです。

 

申込みを実際に行うとなると、自分の条件で本当に審査に通過できるのかが不安になりますが、ある程度の条件の目安を押さえておけば闇雲に不安になる必要はありません。いろいろ調べてもやはり不安が残るという場合には、SMBCモビットの10秒簡易審査を利用して通過できそうかをチェックすることも可能ですので、まずは簡易審査を受けてみてから本審査を受けるかを決めるのも一つの方法です。

 

各項目を詳しく見ていくと、対象年齢は満20歳以上69歳までの方となっていて、使い道は自由です。ですから、様々なシーンに利用できるカードローンであり、担保や保証人もいりません。申込み条件はパートやアルバイト、自営業も含む安定した収入のある方であり、金利は3.0〜18.0%となっています。

 

利用限度額内の範囲内なら繰り返し自由に借入をしたり返済をすることが可能になっていて、追加で借入したい時にも新たに審査を受ける必要がありません。申込みから融資までの間がとてもスピーディーで即日融資に対応していることでも有名であり、パートやアルバイト、契約社員、派遣社員、自営業でも審査に通過できるのが大きなポイントです。ただし、安定した収入のない無職や専業主婦の方は申し込めません。

 

SMBCモビットカードローンの審査受付は平日だけでなく土日や祝日も行われています。審査時間は最短で30分ほどですので、即日融資を受けることも可能です。これほどスピーディーに対応できるのは、プロミス申込者の信用リスク等の蓄積データを活用したスコアリングシステムが取り入れられているためであり、SMBCモビットではプロミス保有のスコアリングシステムを共有しています。

 

審査基準でもっとも大事になってくるのは安定した収入があるかという点ですので、パートやアルバイトを始めてからすぐでは審査に通りにくくなります。

 

数カ月が経過して何回かお給料をもらってからでないと給与明細書も用意できませんので、少なくとも半年ほどの実績を作ってから申し込みことが重要です。

 

収入がどの程度あれば良いのかについては借入したい額にも関係してきますので、審査結果によっては希望している額に届かない可能性もあります。

 

また、総量規制の対象となりますので、年収の3分い1を超える額を借入することはできません。

 

他社からの借り入れがある場合には、その分を差し引いた額が最大限で借りられる範囲となります。申込み時に他社からの借入額が多いと、その時点で審査に通過しにくくなりますので、借入残額や件数はできるだけ減らしてから申し込むことも忘れてはいけません。

 

条件としては、希望限度額を大きくし過ぎると審査に通過できないことがあります。収入に見合った限度額にしないと審査時に要注意としてマークされてしまいますので、適正な限度額になっているかをきちんと見極めた上で申し込むことが大切です。

 

もう少し借りられそうだが低く見積もって金額を設定するとスムーズに通過できますので、最初は控えめにして申し込むことをお勧めします。

 

お金を借りるわけですから信用情報に傷がついている人も非常に厳しくなりますので、過去に家賃・奨学金・スマホ料金・ローン・公共料金などの2ヶ月以上延滞していないかを確認しなければなりません。延滞していると事故情報として記録が残ることになり、それを照会するカードローン会社では必ず審査に落ちます。

 

一度信用情報に傷がついてしまうと5年間は消えませんので、過去に事故を起こしている人もそれからどれ位の年月が経過しているかを確かめる必要があります。

 

収入面が大事なのは誰でも分かることですので、どうしても通過したいからと年収を多く申告してしまうケースがあるようですが、申告内容に虚偽があれば通過することはありませんので注意が必要です。

 

年収を高く偽ったり異なる職業を申告しても、本人確認の段階で必ずバレてしまいます。他社からの借入額も正確に申告する必要があり、クレジットカードのキャッシング枠や信販会社で買ったローンなども忘れずに含めるようにします。

 

住宅ローンや車のローン、教育ローン、その他の銀行経由で借りたローンは含めません。正直な内容で入力して、尚且つ限度額を低くすれば審査にはかなり通過しやすくなりますので、最後に額を見直しましょう。