プロミスカードローン審査基準 消費者金融の在籍確認は必須です 申し込み前に必要情報をチェック

 

 

・プロミスの金利 4.5−17.8%
・プロミス利用額 1万円から最高額500万まで
・30日間無利息 
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
・プロミス審査はスマホから申込み可能
・正社員、パート・アルバイト、学生の方も平日14時までに契約完了で即日融資
・20〜69歳までの安定収入のある方

 

 

↓女性オペレーター完全対応 プロミスレディースキャッシング

 

 

プロミスのカードローンの申込対象になるのは、年齢が満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方となっています。年齢の上限が比較的高いですが、未成年の方と70歳以上のシニア層は何らかの収入があっても申込ができないので注意してください。職業に就いていない専業主婦や主夫については、貸金業法の決まりにより、利用限度額が決められませんので、申込の対象ではありません。絶対に手続きをしないようにしてください。

 

年齢が対象範囲であれば、月々安定した収入があればアルバイトやパート勤務の方でも、借入手続きが可能になります。学生や主婦でも対応可能です。女性向けや自営業者向けのカードローンもありますので、状況に応じて選択するといいでしょう。女性向けの場合は、コールセンターのスタッフも女性のため、初めて借り入れする人でも相談や問い合わせがしやすいと思われます。

 

自分が借入できるかどうか心配であれば、プロミスのサイトのお借入シミュレーションを機能を使って簡易診断を受けてみるといいでしょう。生年月日と年収、借入の総額を入力すると結果が出ますので、借入が可能かどうか目安にするといいでしょう。

 

ただし、あくまでも年齢と年収の金額や、収入に対しての他社借入金額から、簡単に確認して決定されるだけですので、人の手が関わっている訳ではありません。

 

審査担当者が詳細を判断して、信用情報機関に記載されている情報や借入件数によっては認められないこともあるので注意してください。

 

クレジットカードや他の借入の利用歴で度重なる遅延がある場合は、しっかりと返済してもらえるか判断できずに審査落ちすることもあるでしょう。

 

一般的に借入件数が2〜3社であれば問題になることは少ないですが、4社以上となると返済能力の有無で審査に通らない可能性があります。

 

また、プロミスのカードローンは貸金業になるので、年収の3分の1を超える借入はできません。金融機関1社ではなく、全ての貸金業の借入金額を合算して決められるので、既に規定の金額を超えそうな方は難しいでしょう。

 

プロミスのカードローンを利用するには、書面の郵送や電話申込、自動契約機からの手続き以外に、サイトから申込フォームに個人情報等を入力して申込をする方法と、スマートフォンからアプリを導入して申し込む方法があります。パソコンを使ってサイトから入力する方法には、web完結で郵送物をなしにし、カードを発行しない方法と、郵送や契約機コーナーに出向いてカードを発行してATM等から利用する従来の形式のローンとに分かれます。

 

アプリの場合は、決まったコンビニ店舗のATMでアプリを操作して手続きができるので、カードが不要なweb完結扱いとなります。

 

これらの利用の仕方の違いで審査基準が大きく変わることはないと考えられています。申込書類に書かれた情報と実際の情報に違いがあった場合は、ケアレスミスであっても審査落ちしますので、送信する前に間違いがないように見直しを行ってください。

 

必要な書類については、スマートフォンのカメラで撮影し、送信で提出できます。アプリでの申込をする場合は、アプリから簡単に送信出来るでしょう。本人確認の書類は絶対に必須となります。運転免許証を保有していれば、他に確認に付いての追加書類はありません。ただ、免許証がない場合は、パスポート等の写真付きの証明書以外に住民票や健康保険証が必要となるので、予め用意しましょう。

 

近年ではなりすまし行為などを避けるために、顔写真付きの証明書を求める金融機関が多くなっているので、注意してください。印鑑や保証人、担保については必要ないので、用意することはありません。

 

収入証明書については、希望の借入金額が50万円を超える場合や、希望額と他社借入額を合算して100万円を超える場合に必要となります。50万円以下の金額を希望すれば、原則として必要はありません。

 

審査に確実に通りたいのであれば、できるだけ低めの金額を希望するといいでしょう。年収が少ないと心配になるのなら、10〜20万円の希望額を目安に、半年以上の利用実績を作り、増額申請をするといいでしょう。

 

プロミスでは、在籍確認はあると考えた方が良いです。最短30分で結果が出ると言われていますが、混み合うことを考えるとできるだけ午前中までには申込をした方が良いと思われます。

 

特に、web完結でカードなしの場合は、振込キャッシングとなるので、早めに手続きをしないと当日中に登録した口座に振込ができないことがあるからです。申し込み書類を送信した後に、プロミスから連絡があり、在籍確認をすることを告げられます。必要な書類を送信して、本契約を行います。

 

在籍確認については、勤務先として記載した連絡先に電話が入ります。社名を名乗らずに個人名で、番号は非通知で掛けられます。申し込んだ本人が通話できる場合は、名前と借入の申込を確認してすぐに終わります。

 

不在の場合も、他の社員が席を外している等の返答をすれば、直接話ができなくても在籍していることが分かるので、追加の確認の通話は行われません。

 

 

プロミスカードローンの在籍確認とお金借りる際の審査基準とは

 

プロミスカードローンの審査基準については非常に明確です。具体的な審査基準はプロミスからは公開されてはいませんが、主に三つの条件を満たしている人が審査に通る傾向にあることが分かっています。その一つ目が年収が100万円以上あるということです。

 

プロミスの公式サイトによると安定した収入が十分にある人という記載がありますが、安定した収入の具体的な目安が年収100万円以上とされています。もちろんのこと100万円未満であっても審査に通る可能性はありますが、この場合には限度額が10万円から20万円などの低額な限度額になることがほとんどです。

 

年収の申告については手取り収入ではなく額面収入で申告することがポイントであり、少しでも年収を高く見せられるように、各額面の年収で申告するように心がけましょう。

 

次に過去3カ月の返済履歴がきれいだということです。プロミスは審査を申し込む際に過去2年間のプロミス以外のキャッシングやクレジットカード関連の支払い実績などをチェックします。これは信用情報機関に連絡を取り、過去の返済履歴などをチェックするというものです。

 

理想としては過去2年に一度も滞納や返済遅れがないこととなりますが、最低でも過去3カ月間の間に返済遅れや滞納がない状態にして審査を申し込まなければ、審査に落ちる可能性は高くなります。万が一現在の滞納をしているのであれば、先にそちらの問題を解決してからでなければ、審査に通ることはないでしょう。

 

 

最後に借入件数が少ないということです。プロミスは消費者金融の一つであり総量規制の対象となります。そのため年収の3分の1以上のお金は借りることは不可能です。この年収の3分の1以上のお金というものには、他社のカードローンやクレジットカードのリボ払い残高などもすべてキャッシングとして計算されることとなります。そのほかに携帯の分割代金の残高や、そのほかの分割ローンの残金などもこれに含まれます。こ

 

れらをすべて合計した金額が年収の3分の1を超えているようであれば、プロミスだけではなくとの消費者金融であっても審査には通過できないでしょう。総量規制の対象となるのは消費者金融であり、銀行から借りた住宅ローンや車のローンなどは対象には入らないので、計算には入れないようにしましょう。これらの三つの項目をクリアすることで、プロミスの審査には通る可能性が高まります。

 

プロミスは初回審査が厳しいと言われているので、できる限り希望限度額は下げて20万円以下に抑えることが大切です。プロミスはカードローンの利用実績を非常に重視するため、契約した後に利用実績などを見て限度額の増額も期待できます。審査に通過した翌日から増額審査に申し込むことができるため、最初の限度額を抑えて後から増額を利用してみるのもよいでしょう。

 

そしてプロミスをはじめとしたキャッシングの審査の際に行われる在籍確認を心配する人も多いことでしょう。プロミスだけではなく、ほとんどの消費者金融では在籍確認の審査が必ず行われることになります。

 

プロミス側にとって勤務先の在籍を確かめるのは非常に重要なポイントです。

 

相手に対してお金を貸すので、そのためには返済能力をしっかりと確認しなければなりません。勤務先の情報や勤続年数、年収などを確認しますが、本当にその勤務先に勤めているかどうかを確認する方法が在籍確認です。

 

プロミスから職場に在籍確認の電話があった場合には職場の人にばれてしまうのではないかと心配になる人もいるかもしれませんが、プロミスだけではなく大手消費者金融の場合には利用者の個人情報が第三者に漏れないように配慮がなされています。

 

そのため職場の人たちを含めた周りの人に、安易に情報が知られるようなことはありません。

 

在籍確認の電話の際には、プロミスの社名を名乗ることはなく、担当者が個人名で丁寧に対応します。

 

本人が電話対応した際にはもちろんそれで完了し、たとえ自分が不在であったとしても職場の人が出て在籍を証明してくれた場合には、それで在籍確認は完了となります。

 

しかし在籍確認の電話が会社に来ることが本当に心配だという人もいることでしょう。

 

実はプロミスには在籍確認の電話連絡を回避する方法も存在しています。その方法としては書類による確認方法です。

 

書類としてあげられるものは社員証や社会保険証などで、これらの書類がない場合には給与明細や収入証明書などでも対応できるでしょう。

 

しかしそれまでの審査の内容により判断されることであるため、だれもが在籍確認の電話連絡を回避できるというわけではありません。

 

初めて消費者金融を利用する場合には特に問題がないとされているので、どうしても回避したい場合には担当者に相談をしてみましょう。相談するタイミングは申し込みが完了した後すぐがおすすめです。

 

申し込みが完了すると担当者からメール、もしくは電話で連絡が来るので、そのタイミングで相談してみましょう。