アイフルカードローン審査 消費者金融でキャッシングする際に、申し込み前に必要情報をチェック

 

 

アイフルは大手消費者金融の中の一つでよくシーエムしています。

 

スピード、シンプル、シークレットがモットーのサービス

 

ユーザーから安心感があると高い評価の消費者金融でおすすめです。

 

在籍確認もオペレーターに相談で対応可能なので、

 

職場連絡なしと希望すれば、会社に電話なしで在籍確認可能です。

 

職場や家族にばれずに今日中にお金を借りたい方はアイフルの審査に申し込んでみてください。

 

アイフル詳細情報
・金利 4.5−18.0%
・利用額 1万円から500万円まで
・ネット、スマホから申し込み可能
・最短30分で審査完了

 

 

アイフルはわが国の消費者金融のなかでも大手ですが、本社の所在地は東京都内ではなく、京都府内にあり、銀行の傘下にも入らずに独立して経営を続けているところが、ほかの多くの消費者金融の会社とは異なっているところです。

 

会社の名前が示しているように、特にサラリーマンなどの一般の人向けに戦後一貫して融資を行ってきた実績から、まごころがこもったサービスを専一にしている会社です。ローン商品について、もしもわからないことがあれば、お客さま専用ダイヤルで積極的に聞いてみるのもよいといえます。

 

専用ダイヤルのなかにも、はじめての人専用のものや、女性向けに女性オペレーターが対応するものなどの特別なダイヤルが設けられています。

 

アイフルには、主力商品となっているキャッシングローンのほかにも、既存の他社ローンの借り換え、おまとめ専用のローンや、一定の年収がある人向けのプレミアムカードローン

 

、さまざまな目的別ローン、女性が安心して借りられる小口のローン、個人事業主や法人向けの事業サポートプランなどもあります。

 

場合によりけりですが、お金が必要な場合に、キャッシングローンだけではなく、こうしたさまざまな別の名称のローンについて検討してみるのもよいといえます。

 

アイフルのこうしたローン商品の金利は、種類によって、また限度額の設定によって異なるため、ひとことでは言い表せませんが、基本のキャッシングローンの場合には、年利ベースで4.5パーセントから18.0パーセントの範囲内で決まります。

 

そのため、不当に利息が高くなったりすることはありませんし、毎月の定例の支払日の前であれば、いつでも繰上げて返済をすることも可能になっています。

 

利息が気になる場合には、生活に余裕があるときに早めに支払っておけば、その分だけ利息のほうも減ることになりますので、当初の予定以上に効率的な借り方ができる可能性があることを示しています。

 

実際にアイフルでキャッシングローンの申し込みをはじめてする場合ですが、スマートフォン、パソコン、携帯電話などの端末からインターネットで申し込む方法をはじめとして、店舗や契約ルームを訪問してその場で申し込みをする方法や、専用ダイヤルを通じて申し込む方法があります。

 

特に、インターネットを利用する方法であれば、24時間いつでも、自宅にいながらでも申し込みができるほか、審査結果やその後の手続きも電子メールや電話によって案内があり、そのままインターネットを経由して、正式な契約手続きまでをすることができます。

 

申し込みから一度も来店をせずに、すべての手続きが完結することになるため、他の方法にくらべて、たいへん便利といえます。

 

こうした審査は、申し込みの方法が違っても、審査の基準そのものは変わらないものと理解しておけばよいものです。

 

主婦やアルバイトなどの収入が低い人、雇用形態が不安定な人の申し込みができるかどうかですが、パートやアルバイトでも定期的な収入があれば、申し込むことは可能で、それだけの理由から審査で落とされることはありません。

 

主婦の場合は、いわゆる専業主婦ではなく、何らかの定期的な収入があれば、申し込みは可能となっています。

 

申し込みに際しては、本人確認が必要となりますので、少なくとも本人確認書類として、運転免許証などの公的な身分証明証を用意しておく必要があります。

 

ない場合はパスポートや健康保険証などの、運転免許証の代わりとなるものが必要です。

 

また、利用限度額が大きい場合や、その他審査の状況しだいでは、収入証明書類として、会社からの源泉徴収票、給与明細書や、税務署に提出する確定申告書などが必要になることもありますが、通常の申し込みでは稀なケースといえます。

 

アイフルでの審査は、その人の年齢、職業、勤続年数、年収、世帯構成などのいくつかの要素をもとにして行われますが、基本はその人の収入に照らして、将来も返済を続けることが可能かどうかというところがポイントとなります。

 

そのため、もしも正社員ではなかったり、年収が低かったりする場合には、借り入れを希望する限度額を少なめにして申し込みをして、返済可能性が高いことをアピールすることが求められます。

 

アイフルのホームページのなかには、1秒診断とよばれるメニューがあり、ここでは申し込みをする前に、年齢、雇用形態、年収、他社からの借り入れ額をそれぞれ入力してボタンをクリックするだけで、融資可能かどうかの診断が事前にできるようになっています。

 

不安があればこうしたメニューを活用してみるのもよいといえます。

 

ただし、注意したいのは、審査にあたっては信用情報機関に蓄積されている個人の信用情報も参照されるということです。

 

個人のクレジットカードやローンなどの信用取引に関する契約内容や、その後の返済状況などは、こうした信用情報機関にすべて登録され、一定の期間が経過するまでは原則として削除されません。

 

もしも過去に自己破産などをしていた場合には、審査を通らない可能性があることは認識しておいたほうがよいでしょう。

 

アイフルカードローンはおすすめ?消費者金融の中でもお金借りる審査は厳しい?

 

消費者金融のアイフルはテレビでもCMが流れているため、名前だけは知っているという人は多いものです。

 

そのほかのカードローン会社とは異なり、銀行などの親会社が存在していないという特徴があり、親会社の目を気にすることなく、自身の目での審査が可能となっています。

 

ほかの企業よりも担当者の裁量でお金を貸すことができるといえるでしょう。そのため他の消費者金融よりも審査が厳しいということはありません。

 

アイフルカードローンを利用したいと思った際には、20歳以上70歳未満であること、安定した収入があることが申し込みできる条件となっています。アイフルは幅広い年齢層の人が申し込みできることがわかります。

 

安定した収入としては、毎月定期的に収入を得ている必要がありますが、年収に条件もなくたとえ高収入ではなかったとしてもそれほど心配はいりません。専業主婦や無職の人はアイフルを利用することはできませんが、年金受給者や年金とは別にアルバイトや自営業などで収入がある人の場合には申し込みが可能です。

 

アイフルでは申込者が借り入れができるかどうかを判断する一秒診断を用意しています。もしも低収入で審査が不安だという人は、申し込みをする前に一度試してみるのもおすすめです。

 

アイフルが審査の際に重要視するポイントとしては、年収と雇用形態、勤続年数、他社借入件数が挙げられます。

 

これらの四つの項目で高ポイントを獲得できれば希望限度額を叶えやすいと言えるでしょう。

 

年収についてはすぐに上げることは難しいですが、他社の借入件数については今すぐでも整理をすることもできます。他社の借入件数について心配がある場合は、いま一度見直しをしましょう。

 

年収が高ければ高いほど有利であるといえます。

 

年収が高いということは返済能力があるということと同じで、これはアイフルの審査に有利と言えます。借入額が大きくなり返済額が増え、収入が多ければそれほど審査落ちにはならないでしょう。

 

しかし消費者金融であるアイフルは総量規制の対象となっています。

 

総量規制とは年収の3分の1までしかお金を融資できないというものです。アイフルの最低返済額は4000円からであるため、審査をクリアするだけであればそれほど高収入である必要がないことはわかるでしょう。

 

消費者金融のアイフルは、幅広い雇用形態の人が利用可能となっていますが、やはり雇用形態は審査ポイントにひびいてきます。

 

パートやアルバイトであっても毎月定期的なお給料をもらっていれば審査に通過することは可能です。

 

フリーターやパートの主婦、仕送りに頼ることができない学生のアルバイトなど、利用できる可能性も十分でしょう。

 

フリーターであったとしても社会保険証がある場合には、審査には大きくプラスになります。

 

正社員の場合には、たとえ高卒であっても肉体労働の仕事であっても評価が高いことには変わりありません。

 

しかし就職や転職をしたばかりである人はマイナス評価になる可能性が高いため注意が必要です。

 

そして勤続年数についても審査に大きく影響するといえるでしょう。

 

勤続年数が長いということは、これからも安定して収入が入りつづけることだと判断されるため、評価は上がります。勤続年数がプラスポイントとなるのは最低でも1年以上です。

 

まだ入社したばかりでそれほど融資を急いでいない状況であれば、最低限半年は勤続年数を経てから申し込んだ方がよいでしょう。

 

もしも仕事を辞める予定がある人は金属中に申し込みを行わなければ、アイフルを利用するチャンスがなくなってしまいます。

 

最後に他社の借入件数についてです。他社の借入件数も審査に大きく影響を及ぼします。

 

たとえをあげるならば年収が500万円で通常であれば何も問題はないケースであっても、他社の借入件数が4件もある場合には審査に落ちる可能性が高くなります。

 

この借入件数については他社のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠などが含まれることになりますが、完済したけれども解約をしていない、しばらく利用をしていない状態であっても件数に含まれるため注意が必要です。

 

そして借り入れの総額よりも借入件数の方が影響は大きいものです。1社から80万円を借りている人よりも、4社から80万円を借りている人の方が圧倒的な不利な状況となります。申し込みを行うまでには1社でも多く解約することが求められます。

 

そして審査に加点を加えたいのであれば、居住区分や居住年数、家族構成についても押さえておきましょう。

 

居住区分については持ち家や会社の福利厚生が充実している社宅はプラス評価となります。居住年数については、家賃を支払い続けた年数のことを指し、アイフルの審査でもよい影響となります。

 

これは返済実績やクレジットヒストリなどと同じことが言えます。

 

もしも引っ越しをしたばかりだという人の場合には、半年ほど待ってから申し込みをした方がよいでしょう。

 

引っ越し予定がある場合には、引っ越しの前に申し込みを行いましょう。